法話会・いただき繕セミナー

いただき繕は、食の実践を通し命を学び心豊かに生きる「生き方」です。

一番身近な師である母親として、子供に”いのち”伝えることができますか?

躾や教育は、道徳や倫理を学ぶことでなく、命を知ることで自然と身につく真心のあらわれです。
法話会やいただき繕セミナーでは、命を知るためのヒントをお伝えしています。


一静尼の法話会

法話とは、真理を説くことであり、人間本来の「生き方」を伝えること。

生きるとは何か。
常に探求し続けたどり着いた『いただき繕』の生きる道。

10年間のいただき繕の実践により、心と身体が変化して得た経験から、
人間として、女性として、「生き方」において大切なこと、命を知るためのヒントをお伝えします。

農哲学院、いただき繕、みゃくそん、助産寺、すべての流れはひとつであり、
どんなお話となるのかは、集まった方に合わせて・・・楽しい引き出しいっぱい用意してお待ちしています。

主な『いただき繕セミナー』のプログラム

講師:農哲学院[いただき繕・食医]一静尼

セミナーの企画によって、プログラムを構成していきます。
各、企画の内容は、その都度ご確認ください。

水のひみつ
生命は水で出来ています。
水がどう影響しているのか、水を感じることで自分の命が見えてきます。
具体的な方法を実践していただき、心と体を繕い、ひとりひとりに合ったアドバイスをさせていただきます。


塩のひみつ
生命活動において最も大切な塩。
ホンモノの塩をお使いですか?
健康や美容に。余計なことをしなくても塩がすべてを補ってくれることを実感するでしょう。


穀物・油のひみつ
いただく食べ物が体となり、心(精神・意識)にも直接影響を及ぼします。
毎日いただく食べ物は、どこからやってきましたか?
貊で扱う食品から、作られる過程の意識がどう影響するのか紐解いていきます。


菜食のすすめ
いただく命だけで心身は形成されているのでしょうか。
お肉を食べないと元気が出ない?
数字で計る栄養素ではなく、いのち本来の力を学んでいただきます。


お灸のすすめ
東洋医学の最たる智慧であるお灸は、自然治癒力を高め心身を整えます。
正しい食と併用した丹田への直接灸は、あらゆる疾患に効果をもたらします。
古来より、蓬(よもぎ)は、特別な力があると云われてています。


断食のすすめ
毎日負担を掛けている内蔵を、定期的に一日でも休めることで心身がリセットされます。
食べることと生きることの関係を知ることで、無理なくはじめられる断食の心構えをお伝え致します。
※断食合宿なども計画しています。

~心と身体を繕う~生まれ直すということ

「いただき繕」は、繕性(性質の欠点をなおしてよくする)から始まり、繕補(つくろい補う)の段階を経て、繕完(つくろって完全にする)の境涯を目指す具体的な実践方法からはじまります。

「いただき繕」は、長い時間、東アジアの先人たちが育てきた伝統的な食生活を守っていく生活の智慧であり、地球規模の普遍性を持つ実践運動とも言えます。

“いのち”を体智し食を整えることが、心身共に豊かな人生へ向かう事となり、「いただき繕」が志す公的な生き方を通して、運命さえも変えてしまう力を感じていただけることでしょう。

助産寺として

人間に命を捧げる食という”いのち”たちのはたらき。
人間は、あらゆる命を犠牲にしてまで、なぜ生かされているのか。

答えは、頭で学ぶのではなく、心で感じ腑に落ちることが重要です。
命のひみつが解き明かされたとき、自信を持って子育てに向かうことが出来るでしょう。

毎月一回(不定期)に、法話会・いただき繕ミニセミナーとして、
助産寺に親しんでいただける催しを開催致します。

*一静尼の法話会*

■場所:助産寺/みゃくそん内
■参加費:お布施
■時間
10:30~法話会
12:00~いただき繕ランチ(要予約1000円)
13:00~個別でのご相談を承ります(要予約)

※法話会だけの参加も可能です。
※これまで13時以降は参加者みんなで座談会としていましたが、個別面談にさせていただきましたのでご了承下さい。
産前産後のご相談、子育ての悩み、食事のこと、人生のこと、どんなことでも構いませんのでご相談ください。

次回は、12月16日(土)です。

ご予約の上お越し下さい。

関連記事

  1. ふたり立ちの出発の日に

  2. 明日11月16日(木)は月1回の法話会の日です

  3. 9月9日(土)一静尼 法話会のお知らせ

  4. 今日の法話会での一コマ

  5. 第3回法話会のいただき繕ランチ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。