研修にて

研修に参加した1歳と8ヶ月の二人の赤ちゃん。

赤ちゃん同士が初対面のとき、どちらからともなく可愛いい握手をしてたのを目撃。双方、普段は人見知り発動中のはずなのに、ここでは愛想よくニコニコ。

二人は血の繋がりもなく、暮らす環境も全然違いますが、何だか雰囲気が似ています。

穏やかで、いつも機嫌良く、よく笑う子たち。夜はよく寝て夜泣き知らず。

肌に透き通るような透明感。どっしりとした安定感。病気知らず。

親達が講義を受けている丸2日間、二人ともずっと同席していましたが、講義の邪魔になる様なグズりもなく大人しくしてくれていて周囲の大人達がビックリ。

いただき繕を学び実践するこの子達の親の食が同じ、離乳食も同じ、彼らを取り巻く人々の、万物のいのちに寄り添う意識も同じ。

心身は食から作られる。

目に見える食

目に見えない食

この二人の幼子達に触れて、未来に希望を感じています。

早く多くの方々にお伝えしたい、食のヒミツ。特に若い女性や妊婦さん、小さいお子さんを持ったお母さん達に届けたい、この世を喜びとともに生ききるための智慧。

毎月第2土曜日みゃくそんでいただき繕セミナーを開催することが決定致しました。

講師は一静(いちじょう)尼

参加費は無料

第1回目は9月9日 開催時間とテーマは後ほどアップします。

いただき繕の学びと助産寺にご興味のある方は是非お越しください。

関連記事

  1. お味噌

  2. エゴマの味噌漬け

  3. いただき繕レストラン 京都店誕生に向けて

  4. いただき繕学院の晶子先生

  5. 元精穀のおにぎりと潮麦ご飯

  6. 福井の古民家

  7. 【農哲学院】いただき繕のこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。