杉の端材で・・・

材木屋さんから杉の端材を譲っていただきました。

杉の丸太を柱にするため端っこを落とす際にできる端材なのですが、端材といっても4mのご立派な杉の板。

端材は普通は紙の材料としてのチップにするために業者さんが引き取っていかれるようですが、これはチョットもったいない、ということで、

みゃくそんではしっかり材木として使わせていただきます!

屋根だけしかなかった物置場の壁に使ってみました!

素敵です!

杉は防虫効果もあるので助かります。

端材が沢山、タダ同然でいただけるので、これからも敷地内の建材としてドンドン使ってみようと考えています。
端材を端材と感じさせない、仕上がりが芸術的な作品となる様に、杉のいのちを活かしていこうとする、みゃくそんのスタッフ達も素敵!

今度はチップをいただいてきて、断熱材の代わりに壁の中にビッチリ詰めてみようかというアイディアも。

杉の端材を用いる建築で、成功例などがあれば、教えていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 昨日に引き続き、床のお直し

  2. 助産寺 桃源郷プロジェクト

  3. みゃくそんの大きな栗の木の下で

  4. コレは何でしょう?

  5. 人の心身を整える大切な3つのいのち

  6. 健さん大活躍!

  7. 心土の壁

  8. みゃく村のこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。