昨日に引き続き、床のお直し

今日もまたまた暑かったですね〜

みゃくそんでは昨日に引き続き、床を杉板で補修する作業が行われていました。玄関から台所まで続く廊下に杉板を乗せていきます。順番に杉板を並べていきます。

材料が運ばれてくるのを興味深く待っている小学1年生の男の子。夏休みで、お母さんがみゃくそんにパートに来られるのについて来て、仕事が終わるまでみゃくそんの広い敷地内で遊んでいます。

「ちょっと来て手伝って〜」

「は〜い!」

(ワクワクドキドキ)

 

 

 

「端をシッカリ押さえててね」

「はい!」

(喜んで!)

 

 

 

・・・と作業スタッフは、暑さに耐えながら、赤ちゃんを上手くかわしながら、子供たちと戯れながら、仕事はキッチリ仕上げてくださいました。

 

 

隙間なくピッタリはまっています。

 

 

 

 

 

角は丸くヤスリがけされていて、すべすべで気持ちい〜い!足が当たっても痛くないようになっています。

 

 

杉のいい香りが漂っています。

裸足で歩くと柔らかくて温かみがあって気持ちいい。

見違えるように綺麗になりました!赤ちゃんでなくても思わずハイハイしたくなる廊下です。

関連記事

  1. 健さん大活躍!

  2. 焼き杉の床張りの完成と引き戸の取り付け

  3. みゃく村のこと

  4. 佐久島からのお手伝いゲストさん

  5. 杉皮の絨毯

  6. 静かな雨の日

  7. 柿渋仕上げの杉の床

  8. 株主さん、いらっしゃ〜い!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。