コレは何でしょう?

母屋の床に使用した杉板で、今度は何やら可愛らしい小屋らしきものができつつあります。

後ろ姿

近くから屋根を覗き込みました

一枚一枚の板がキレイに並べられ、しっかり打ち付けてあります。

いい仕事されていますね!もう素人とは言えないレベルではないでしょうか?!

後はドアが取り付けられるようです。

スムーズに開け閉めできるドアを隙間なく作るのはなかなか難しそう。

ところで、コレは一体何の小屋でしょう???

正解はみゃくそんにお越しいただいて、確認されてくださいね!

それにしても、みゃくそんの若手素人スタッフ達は、1年でずいぶん大工のスキルをアップしてくれました。

今のうちに充分に生活力・応用力・いのちを感じる力をお土産に持って世界に羽ばたいてもらいたいです。

関連記事

  1. 昨日に引き続き、床のお直し

  2. みゃく村のこと

  3. 助産寺@みゃくそん に遠足にいらっしゃいませんか?

  4. 助産寺 桃源郷プロジェクト

  5. 人の心身を整える大切な3つのいのち

  6. 焼き杉の床張りの完成と引き戸の取り付け

  7. 柿渋仕上げの杉の床

  8. 佐久島からのお手伝いゲストさん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。