元精穀のおにぎりと潮麦ご飯

農哲学院生の集まりがあり、みんなで元精穀のおにぎりを作りました。

約220個!

そして、潮麦ご飯の仕込みを5升分!

農哲学院生のソウルフード。

このご飯のお陰様で、日々の心身の健康が保たれ、更にパワーアップされています。

人間の身体の可能性は無限大。

よく聞くフレーズですが、具体的にはどうやってその可能性を無限大に進化させていったらいいのでしょう?

そのヒントは、いただき繕の実践の中に散りばめられています。

興味のある方は、是非、みゃくそんでも行われるいただき繕講座にお越しください。

自分の喜びのために、そしてその喜びを周りのいのち達にどんどん広げていくために、この世に生まれた目的と使命を果たすために、

しっかり心身を整えて、思いっきり身体を使いましょう。

夏は汗をジャージャーかいて、一年溜まった身体のゴミをお掃除するのに最適な季節です。

今年の夏はどの様に過ごされましたか?

まだ残暑が続く日々、

涼しくて過ごしやすい秋が本格的に訪れるまでに

みゃくそんの畑に汗をかきにいらしてくださいね!

汗をかけるお仕事をたくさんご用意してお待ちしています。

関連記事

  1. 研修にて

  2. いただき繕レストラン 京都店誕生に向けて

  3. お味噌

  4. 福井の古民家

  5. エゴマの味噌漬け

  6. 【農哲学院】いただき繕のこと

  7. いただき繕学院の晶子先生

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。