栗の収穫の始まりとオーツミルク

朝晩だいぶん涼しくなってきましたね。

夜は秋の虫の音が大合唱で聞こえるようになりました。

みゃくそんにいらっしゃったお客さん(株主さん)も、スタッフも、散歩がてらにぼちぼち敷地内に落ち始めた栗を拾って来てくれました。

栗の季節到来です。

下に落ちたら虫が入るので、これからしばらくは栗拾いが日課になりそう。

栗は赤ちゃんの離乳食にピッタリなので、柔らかく控えめの塩で煮て、さっそく明日から1歳過ぎの赤ちゃんにあげようと思っています。

この子は生後2ヶ月過ぎから、事情があり母乳をいただけなくなってしまったので、粉ミルクの代わりに手作りのオーツミルクを飲んでもらっていました。

オーツとは日本語でえん麦のこと。

オーツの押し麦に水と栗の粉、カボチャなど赤ちゃんの成長に必要な食品を数品目加えてミキサーにかけたものを濾して、オリジナルの手作り穀物ミルクを調合して与えていました。

えん麦は昔、血便が出る、などの深刻な腸の病気になった時、発酵させて薬として使われていたほど、腸をピカピカに掃除してくれるいのちです。

赤ちゃんだけでなく、お母さんにも同時に飲んでいただければ、腸を常にいい状態に保ってくれるので、母子ともに身体が楽になります。

離乳食が始まるまで、ほとんどこのオーツミルクで育った赤ちゃんは、肌荒れ知らず、病気知らずで、夜もぐっすり眠り、いつもご機嫌よくいてくれました。

このオーツミルクを忙しいママがお手軽に作れて気軽に粉ミルクの代用品として使ってもらえるように、共に商品開発をしてくれる方を探しています。

興味のある方は是非、助産寺にお越し下さい。先ずはオーツミルクを体験されてみて下さいね。

関連記事

  1. 今日の寝姿と虫刺されについて

  2. =Program= 先人の智慧に学ぶ子育ての心得

  3. 赤ちゃんの寝姿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。