助産寺 桃源郷プロジェクト

今日、たわわな実をつけている銀杏の木に気がつきました。

また近くでは栗と柿が、枝が折れんばかりに実っています。

昨年は1つだった実が、今年は6つついているまだ若いザクロの木。ザクロがもう赤く色んできています。

今年はキウイもブルーベリーもすもも沢山収穫できて、野性味溢れる味を充分に堪能させていただきました。

助産寺@みゃくそん では、桃源郷プロジェクトが進行中です。

自然の地形に沿った無理のない整地をしながら、様々な果樹を植えていく計画をしています。

そして程よく草と野菜が共存する優しくて美しい相生農法の畑を、裸足で歩いて散歩しながら、実っている果物を食べたり、野菜を収穫して食べたりできるように。

野生の可憐なお花畑もあったらいいですね。

その場所にいるだけで心身が豊かになるような場所作りを考えています。

そしてそこは、助産寺に集う母子や、土に触れる機会の少ない若者たち、体を動かして健康を維持されたいお年寄りなど、いろいろな境遇の方に開放したいと思っています。

毎日、変化していく自然の清らかで美しい様をゆっくり身体中で感じられる、忙しいけど忙しくない、不思議な時間が流れる助産寺です。

関連記事

  1. 柿渋仕上げの杉の床

  2. 人の心身を整える大切な3つのいのち

  3. 杉皮の絨毯

  4. 今日の啞樵さん

  5. 昨日に引き続き、床のお直し

  6. 美味!スベリヒユ

  7. みゃくそんのお庭

  8. 杉の端材で・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。