今日のお客様

今日はインドネシアのコーヒーを日本に紹介されているという三浦隆典さん(タカさん)とおっしゃる方が初めて来村されるいうことで、お約束の時間にみゃくそんでお待ちしていました。

タカさんが到着早々、

「もしお時間がありましたら、自己紹介代わりにコーヒーセレモニーで珈琲をお淹れしましょうか?」

とおっしゃるので急遽、お座敷で始まった

「ハナププ式珈琲セレモニー」

右手でコーヒーを焙煎中、左手でコーヒー豆のリズミカルな音に合わせて楽器で伴奏

それに合わせて私たち参加者もそれぞれ音出しが簡単な楽器で音を出してライブ演奏に参加、コーヒー豆にみんなで「音を入れる」作業

そしてできたてのコーヒーを、冒頭の写真のようにみんなで回し飲みしていただきました。

タカさんは生来のサーファーで、サーフィンをやりたくて波を求めて世界中を歩かれていました。

スマトラ島で最高のサーフィンの場所を見つけられ、一年の半分はスマトラ島で過ごされる日々を送っていらっしゃったのですが、色々な経緯があってご友人の勧めで、元々はお腹を壊されるほど苦手だったコーヒーを日本に紹介することを始められました。

このコーヒーのお豆さんを生産されているスマトラ島のコーヒー農家のオジサンとの出会いがあり、タカさんなりの焙煎方法を研究された結果、究極のコーヒーとそれをいただく為のセレモニーを確立されました。

もしコーヒーがお好きなら、説明を聞くよりも、是非一度、機会があればタカさんのコーヒーセレモニーに参加されることをお勧めします。

大変美味しくいただきました!

楽器の演奏も楽しく気持ちが良くて、とてもリラックスでき、途中で身体を伸ばしたり軽く眠ったりしました

(セレモニー中は無礼講で、各々ゆったりしながら、ゆっくり珈琲が出来上がる時を待ちます)

タカさんの優しさ、ユルさが心地よく沁みる贅沢な時間でした。

 

お庭には今年初めてのサザンカの花が咲き始めていました。

可愛いい蕾をた〜くさんつけていますから、今年もきっと満開になるでしょう。

 

毎日、思いがけず素敵で楽しくて面白いことに遭遇できるみゃくそんです。

関連記事

  1. 助産寺 桃源郷プロジェクト

  2. ようこそ!微生物のみなさま〜生ゴミコンポスト〜

  3. みゃくそんの2500坪の敷地

  4. 静かな雨の日

  5. みゃくそんのお庭

  6. 佐久島からのお手伝いゲストさん

  7. コレは何でしょう?

  8. 株主さん、いらっしゃ〜い!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。