助産寺のこと

助産寺ってなんだろう?

お寺って、”お葬式”を行なうところ?
お墓、お経、死と向かい合う場所。
お葬式さえも簡素に斎場に移りつつある現代のお寺の在り方。
お寺ってなんだろう?

生き方を模索し続け、30代に「仏道」と同時に【農哲学院】と出会い、
命の世界を実践する生活を通してたどり着いた、一静尼の「生きる道」

宗教という枠を越え、お釈迦さまもイエス様も伝えたかったことは・・・
【死】ではなく【生】の世界なんじゃないかな~。

あたらしい時代の尼として。
喜びの中で生きる「生き方」を人々に伝えて行こう!
心も身体も、女性が元気になれば世界が元気になる!

子供を育てる経験から、「生まれる」場所としての”お寺”をはじめる事を決意。
子供が「生まれる」と言うことは、母が「生まれる」と言うこと。
命に気が付き、生き方が変わると言うことは、それも「生まれる」と言うこと!

あらゆる女性が豊かに生きるために。

本来の”お寺”とは、人々が集まるところ。
命の学び舎は、どこであっても、そこが教会となりお寺となる。

助産寺は、そんなところ。

<代表:一静尼プロフィールはコチラから>

助産寺は、みゃく村での生活の一部です。

株式会社貊村(通称みゃくそん)は、オリーブオイル[れなり]を通し、すべての消費者が株主として自ら参加して創りあげる、あたらしいカタチの経済システムのモデルとも言える会社です。

みゃくそんってこんなところ。

本社は、愛知県長久手市、愛知万博のモリコロパークに隣接する緑豊かな場所に位置しています。

2017年8月。
みゃくそんの株主総会の承認を受け、その母屋を無償でお借りして心機一転スタートです!

だから・・・
みゃくそんスタッフは、助産寺のサポート・スタッフでもあります◎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。